光GENJIという伝説のアイドルについて語る

いきなりですが私は結構昔のアイドルをYouTubeで見るのが好きなんですよね。

これまで何度かハマったアイドルがいるんですけど今回はその中から光GENJIをピックアップして語っていきたいと思います。

 

光GENJI 1987年に結成し同年デビュー、1988年「パラダイス銀河」で日本レコード大賞受賞。同年オリコン年間シングル売上1位から3位まで独占した。1994年グループから2人脱退し「光GENJI SUPER5」にグループ名が変わる。1995年解散。

 

といったのが大まかな歴史。

 

では詳しく追っていきます。1987年に「STAR LIGHT」で堂々のデビューを飾ります。

光GENJIはジャニーズでいえば1985年にデビューした少年隊の次のグループなんです。

少年隊は言ってしまえばジャニーズの「完成形」みたいな感じです。下積みが長かった分歌もダンスもレベルが高い。さらにデビューしてすぐにミュージカル「PLAY ZONE」が始まり23年に渡って活躍します。

社長のジャニー喜多川氏はミュージカル俳優のような歌とダンスが出来るタレントの育成を目指して初代ジャニーズが生まれたのでまさに理想のグループではないかと思います。

しかし光GENJIは結成してわずかな期間でデビュー。事務所に入ったばかりのメンバーも多く、歌もダンスもまだまだ発展途上。だがこのまだ未完成である少年たちが成長していく過程を見ていくのが光GENJIの醍醐味であるとも言えます。

事実解散する前の数年はプロのダンサーも評価するほどダンスが上手いんです。

 

そして同年、2ndシングル「ガラスの十代」が発売されます。いやー、これはもう素晴らしいですよ。多くは語りませんが皆さん、一度は聞いてみてください。日本アイドル史に残る名曲です。そしてカップリングの「graduation」!これも名曲で、卒業ソングでもかなり好きな曲です。

 

そして翌年「パラダイス銀河」ですよ、皆様。

もうSTAR LIGHT、ガラスの十代パラダイス銀河は誰もが知ってると思います。こんなデビューから立て続けにヒットするのは凄すぎるて。この時の映像とか見るとえげつない人気です、マジで。

 

その後も「太陽がいっぱい」など数々の名曲を世に送り出すわけですが1990年の「荒野のメガロポリス」あたりから徐々に売上、人気が落ちてきます。何故か。

そう、あの「アイドル氷河期」です。

この頃歌番組が立て続けに終了、そしてバンドブームにより光GENJIのみならずアイドル全体の人気が無くなってしまいます。

ただこれだけは言っておきます。「荒野のメガロポリス」はです。この曲の光GENJIのパフォーマンスは相当評価されてます。曲もいいです。聞いてください。

 

そして1991年、光GENJIのバックも勤めていた後に国民的グループとなる「SMAP」がデビューします。しかしSMAP光GENJIのようにすぐに売れたわけではありません。この頃売上が落ちてたとはいえまだ光GENJIの方が人気でした。

 

1992年は「リラの咲くころバルセロナへ」がバルセロナオリンピックの応援ソングとして起用されたり、「愛してもいいですか」で初のバラードに挑戦したりします。

しかしこの年からレギュラー出演していたMステがレギュラーではなくなります。そう、あのMステに光GENJIはレギュラーで出演していたんです!これ今ではありえないです。当然Mステ出演回数第1位は光GENJIです。今Mステにジャニーズ枠があるのは光GENJIのおかげと言っても過言ではないんです!!(落ち着け)

少し話がそれましたが1992年はこんな感じです。

 

1993年、徐々に「SMAP」の人気が出てきます。そして段々と光GENJIは「過去のアイドル」「古い」などと言われる存在になります。

しかし!!私は言いたい!1993年こそ光GENJIを見てくれ!この時のビジュアルと言ったらもう完璧です。この年に発売された「君とすばやくslowly」はローラースケートを履かずに真正面からダンスで勝負した良曲です。え?知らない?バカヤロー!今すぐYouTubeに走れ!

さらにアニメ「忍たま乱太郎」でおなじみの「勇気100%」もこの年に発売です!今聞くと子供の頃聞いた時と全く違う気持ちになる良曲!え?光GENJIも歌ってたの?バカヤロー!光GENJIが元祖じゃ!!てか光GENJIverが一番じゃ!(他のver好きな方すいません)

そして!この年発売されたアルバムに収録された「2・5・7」!これはファンの間でもトップクラスの人気曲です。そう今では当たり前の自己紹介ソング!この曲からですよ!後輩グループが自己紹介するようになったのは!そして当時ジャニーズでは珍しいラップ!早すぎた!時代を先取りしすぎた!!さらにこの曲の作詞作曲は光GENJIのメンバーである諸星和己なんです!

ちょっと騒ぎすぎました、反省します。

という感じで個人的には1993年は光GENJIが一つの完成を迎えた年だと勝手に思ってます。

 

しかし1994年グループから大沢樹生佐藤寛之が脱退します。こんなことを言うのもあれですが自分はこの時点で光GENJIは終わったものだと思っています。この2人の存在はあまりにも大きかった。2人のラストコンサートは涙なしには見れないです。

残った5人は心機一転「光GENJI SUPER5」として活動することになります。

 

しかし翌1995年、5人体制になってわずか1年ほどで光GENJIは解散します。

最後のテレビ出演であるMステは何度見ても泣けます。てかあの演出は泣き確定です。

てか7人でどうにか解散できなかったものかなーとほんと思います。まあ色々事情があるんでしょうけど…。まあ「SMAP」を見てると解散コンサートしてもらえた分だけ恵まれてたのかもしれませんが。

こうして光GENJIはわずか8年の活動に終止符を打ちます。

 

と、以上が光GENJIの歴史です!(まだまだ語ることはありますが)どうですか?ちょっと興味湧いてきましたか?

昔のアイドル好きの僕が言えるのは光GENJIは若い子の後追いのファンがとにかく多いんです!Twitterとか見ると普通に中学生、高校生の光GENJIファンいますから。(マジです)

それは何故かと言うと光GENJIは今のアイドルの原型と言っても過言ではないからです。今では当たり前のことを光GENJIが作ったことによって今でも受け入れられるんです。

 

長々と語りましたがこの辺で今回は終わります。機会があればまた別のアイドルについて語りたいですね。では。

 

 

 

3年B組金八先生について語る

3年B組金八先生。皆さん一度は聞いたことあるだろう。しかし、私と同世代(今年20歳)の人で一体何人見たことがあるだろうか。おそらくほとんどの人は見たことがないと思う。そして金八先生?あの熱血のやつでしょ?今時流行らね〜よ!(笑)みたいな考えをお持ちの方が多くいると思う。しかし!金八先生というドラマはみんなが思ってるドラマとは違い時代を常に先取りした攻めてる社会派ドラマなのである!

 

ということで今回私は一番好きなドラマである3年B組金八先生について語りたいと思います。

まず金八先生とは1979年から2011年まで断続的に放送されたドラマです。32年の間に第8シリーズまでテレビシリーズが作られ、12本のスペシャルが放送された長寿ドラマなのです!

第1シリーズから順番に各シリーズのテーマや特徴を端的に説明し語っていきます。

 

まず1979年から80年にかけて放送された第1シリーズです。テーマは妊娠、出産、受験戦争など。

このシリーズは何と言っても15歳の女子中学生が妊娠して子供を産むという話が一番メインでしょう。これは当時結構センセーショナルだったらしいですよ。

そしてこのシリーズで歴代最高視聴率39.9%を記録。

 

1980年から81年にかけて放送された第2シリーズのテーマは校内暴力、思春期心身症など。

よくテレビとかで金八先生の名場面やる時は大体このシリーズです。1番有名なのは「腐ったミカン」と言われた加藤優が荒谷二中に乗り込んで逮捕されるシーンでしょう。これも当時は結構ショッキングだったみたいですね。今のドラマに慣れてる人だったら中学生が逮捕?日常茶飯事じゃんと思うかもしれませんが。(日常茶飯事ではないぞ、絶対)

このシリーズのラスト3話は本当に怒涛の勢いで話が進んでいきます。そしてほぼ全部金八史上に残る名シーンです。約40年前の作品ですが今見ても感動するのでやっぱり凄いですよね。

ちなみにこれ以降金八のテレビシリーズはしばらくなくなり代わりに年1回のスペシャルが第3シリーズが開始するまで放送していました。

 

88年に放送された第3シリーズはちょっと異色なんで説明が難しいんです。普通金八は2クールやるんですがこの時だけ1クール。しかも金八先生は桜中学が舞台なのですが、このシリーズだけ松ヶ崎中学が舞台です。テーマは生徒の無気力、保健室登校など。

いかにも中学生らしい等身大のテーマですが1と2がわりと大きいテーマだったのとやっぱり別の中学ということもあって個人的にはイマイチなシリーズです。ただ視聴率はそこそこいってたみたいです。

 

1995年から96年まで放送された第4シリーズは何と前回のシリーズから7年の時を経て帰ってきました。さらに第1シリーズで15歳の母から産まれた子供(宮沢歩)が生徒にいるのも特徴の一つ。テーマはいじめ、不登校など。

ちなみにこのシリーズの金八は超有能でクラスのいじめを数話で見抜き、第4話で解決するというこの先一体どうやってストーリー作る気なんだ?と思わず思ってしまう構成。ただこのシリーズは平和な部分を描きたくてあえて最初の方で問題を解決させてたみたいです。そこは他のシリーズとは違うところですね。地味ですがなんか好きなんですよね第4シリーズ。

余談ですが宮沢歩役の橋本光成さんのWikipediaを作成したのは私です。

 

そして1999年から2000年にかけて放送された第5シリーズ。私が金八先生にハマったのはこのシリーズのおかげです。テーマは学級崩壊、引きこもりなど。

このシリーズはほぼ全ての事件が兼末健次郎という少年に関わっていて、ほぼ全編健次郎を中心に物語が進んでいきます。簡単にストーリーを説明するとクラス1の優等生である健次郎が裏で3年B組を操っていたが彼の家族に大きな問題があり金八がクラスと健次郎の家庭問題を解決しようと奮闘する話です。(本当にザックリですが)

このシリーズは健次郎という1人の少年とその家族を徹底的に描いた良作で、個人的に1番好きなシリーズです。

 

そして2001年から02年にかけて放送された第6シリーズはとにかく凄い。テーマは性同一性障害、殺人事件、幼児虐待など。

この辺りからテーマが壮大になってきます。このシリーズの3Bの生徒はほぼ何かしらの問題があります。さらに桜中学の新しい校長と金八の考えが合わず対立し、金八の息子である幸作が悪性リンパ腫になってしまうという徹底的に金八を追い込んだシリーズになってます。なので従来見られた日常回はほぼなくシリアス回ばかりで正直詰め込みすぎといった印象です。

ただこのシリーズでいち早く性同一性障害について扱ったことで性同一性障害が多くの人たちに認知・理解されたと思っているので、その点に関しては貢献したのではないかと思います。

 

そして金八先生史上最大の問題作が2004年から05年にかけて放送された第7シリーズ。テーマは薬物依存、虐待、学級崩壊など。

このシリーズは歴代で最も過激です。薬物問題について扱ってるのですがこれはもう金八がどうこうできる問題ではないです。事実このシリーズの金八はあまり役に立っていません。

この作品は非常に賛否が分かれていて自分はどちらの意見もわかります。さらに生徒の1人が自殺未遂をするというもうとにかく金八過激路線の全てが詰まった作品。ただ第19回「しゅう最後の日、最後の授業」は歴代で1番泣けます。

色々言いましたがこのシリーズはメッセージ性がかなり強く、個人的には好きです。

 

そして最後のシリーズは2007年から08年にかけて放送された第8シリーズ。前作が過激すぎた為、過激描写は無いと言っても過言ではないです。テーマはモンスターペアレント、裏サイトなど。

このシリーズは異色で、生徒1人1人に焦点を当てたオムニバス形式みたいな感じで進んでいきます。正直評価は低い作品です。個人的にもイマイチかな。と思います。ただ本来中学生ってこういうもんだよなぁとは思いました。

でもやっぱり主役的な生徒は欲しかったなぁ…。(いるにはいるんだけど)

 

そして2011年にスペシャルで金八先生ファイナルを放送して金八先生は完結しました。

 

と、以上が大体の金八先生の説明です。

皆さんが想像してた話とは少し違っていたのではないでしょうか。金八先生はリアルを徹底的に描いた社会派ドラマです。(たまに「ん?」と思うこともありますが)熱血教師ドラマでは済ませられないテーマに挑んでいます。

皆さん気になったシリーズはありましたか?あれば是非見てみてください。

それではこの辺で終わりにします。

 

 

暗黒の高校時代を振り返る〜スポーツフェスティバル編〜

今日は暗黒の高校時代の話をまたしていこうかと思います。

皆さん、運動神経は良かったですか?私は超が何個もつくほど悪かったです。思い出したくもないですが高校の体育はラグビーの実技試験でクラスで一人だけ追試だったり、ソフトボールの実技試験ではクラス1クソな飛距離だったりと本当に良い思い出がありません。

特に憂鬱だったのがスポーツフェスティバルというイベント。まあ球技大会みたいなやつと思ってくれれば大丈夫です。

ウチの高校にはマラソン大会もあったのですがそっちよりもスポフェスです。何より私が苦手としているのはそう、「球技」なんです。(スポフェスの競技はほぼ100%球技だった)

スポフェス、または球技大会が嫌で嫌で仕方ない皆様、私がどうこのクソイベントを乗り切ったか、教えてあげましょう……。

 

1年次は野球でした。まあ勿論補欠でした。(ただ補欠は運動音痴からすればむしろラッキー)本番当日、ウチのチームは試合がコールド負けで10分で終わりました。

つまり私は何もしていません。

 

2年次はバスケでした。ウチのチームはクラスの陰キャ、運動音痴を兼ね揃えた俗に言うヤベェ奴らを集めたチームでした。

しかし!一人変わり者で有名だったNくんだけは違いました。なんと!中学時代バスケ部だったんです!しかも途中で退部しているくせに結構上手かったんです!

半ばやる気がないチームでしたがNくんのまさかの特技に一筋の光が見えてきました。そして当日!

Nくんは欠席しました。

理由は家でPS4をやってるからとのことでした。(理由になってない?バカそれは禁句だ)

我々のチームは即棄権しました。「即」です。スポフェスにおいて棄権が可能とは知りませんでした。何故なら人が足りない場合は他のチームから人を借りることが可能だからです。しかし我々のチームはやる気がマジでなかったので棄権しました。

これで私は2年連続何もしてません。

 

そして最後のスポフェスである3年次はまたもやバスケでした。はい、補欠でした。この年は単純にもう一人の補欠の子と共にチームの奴らに呼ばれても延々と無視し続けました。観客を全うしました。そしたら準優勝しました。

私は勝ったのです。スポフェスに勝ったのです!3年間何もせずスポフェスを乗り切ったのです!!

 

ちなみに中学時代の球技大会もほぼこんな感じだったことを最近思い出しました。

 

皆さん、スポフェスや球技大会が嫌だったら……自ら補欠を申し出る、もしくはクソチームを作る、もしくはNくんのように休む!これで乗り切れます!全国の運動音痴共よ!なんとかなるぞ!周りの視線が気にならなければな!

暗黒の高校時代を振り返る

今日は私の暗黒時代である高校時代について語らせて下さい。(今も暗黒ですが…。)

高校時代ー。良かったことを挙げるとすれば英検3級が取れた。(カス)近くにブックオフがあった。近くにTSUTAYAがあった。……ぐらいですかねぇ……。

はい、振り返っていきましょう。

 

私が行ってた高校はかなりのマンモス校でした。(ウチの学年は全学科合わせて15クラス、これでもこの学年は少ない方)

私立なので都立から落ちて仕方なくきた奴、単願や一般で来た奴は漏れ無くヤベェ奴って感じでした。(そんなことないわ)つまりなんか救いようがない奴が多いイメージでした。

 

入学してクラスで初めて話しかけたのは同じ中学だったiくんでした。同じ中学とはいえどほとんど話したことがありませんでした。その後仲良くなれたんでそれは良かったです。

下校はいつも彼と帰ってました。ほんと3年間全く中身がない話をしてました。定年退職間近の教師のモノマネやクラスメイトをバカにしたモノマネを延々とやってました。

そして部活にも入りました。色んな部活を体験しました。全部クソでした。中学時代少林寺拳法部だったので行けるやろと思って適当に合気道部を選びました。即、辞めました。合宿きつかった、顧問クソ、部員クソ等々一つも面白くなかったので辞めました。

 

そしたらすぐに2年になってました。2年は正直面白い奴ら(最高に狂ってる奴ら)が集まってて良かったです。iくんもいました。なんか授業中にキュウリに生クリームつけて食ってる奴いました。僕も食べました。

この時に某ファミレスでバイトを始めました。学校の許可無しで。まあ無許可バイトはこの学校の伝統みたいな感じでした。(クソかな?)バレて停学くらった奴もいました。

2年の時良かったのは文化祭でお化け屋敷をやった時に暇だから客が来た時机の下から覗いていたら客のパンツがガッツリ見えたことです。顔が見えてればなお良しだったんですがね。

あと修学旅行もそれなりに楽しかったです。

北海道に行ったんですがクマ牧場がダントツで面白かったです。てか他どこか行ったっけ?

ちなみにどうでもいいですがバイトは元日に辞めました。なんか気分良かったです。

 

そんなこんなで3年です。このクラスはクソオブクソでした。とにかくバカつまんなかったです。担任もうざかったです。iくんがクラスにいなかったってのもありますがクラスメイトほぼ全員嫌いでした。高3の想い出は無いです。

あるとすれば放課後の週1回の勉強会みたいなのに参加してたってくらいです。ちなみにそれもクソです。

あとは選択の授業で工芸をやってたんですけどこれは楽しかったです。普通高校3年生の選択授業はセンター英語だとか受験に関わることを選ぶんでしょうがiくんに誘われてバカなんで一生懸命粘土こねてました。マジで全授業工芸で良いんじゃねえかと思ってました。あとiくんは陶芸の大作を下校中公園に捨ててました。流石や。

 

こんな感じでなんの感動もなく卒業しました。皆さんの高校時代はどうでしたか?

クソだった人もそれなりに思い出があるんじゃないでしょうか?時間は平等に与えられます。リア充になるかクソになるかは自分次第やで……。(お前が言うなカス)

私が大学に行かなくなった理由

前回少し書きましたが私は現在約3ヶ月ほど大学に行っていません。これには色々と理由があるんです。

 

まず一つ目の理由に自分の学部の勉強に興味が無くなったということです。というか最初からそんなに興味ありませんでした。何故かというと適当に大学を選んでしまったからです!!まあ自分が悪いんですけど大した理由もなく取りあえず大学行っとくか。みたいなノリで自分の評定の中で行ける範囲の大学に推薦で入学してしまいました。これ一番ダメなパターンです。皆さん、大学は自分が学びたいことを学ぶ為に入りましょう……。

 

二つ目はとにかく行くのがダルい!!約1時間30分くらいなんですが電車の乗り換えの多さそして学バスに乗るのが本当にダルいんです。え?そのくらい我慢しろ?そうですよね、すいません。ただこの通学が予想以上に辛かったんです。

 

で、最後の理由としてはまあ他に学びたいことがあるっていうことが一番大きいと思います。

専門学校に行くか別の大学に入り直したいってのが一番ですね。(ただ入り直したところで続くかどうか…。)てかこう書いてみると辞める要素しかねえな……。

 

以上が行かなくなった理由です。だったら早く辞めれば?と思うかもしれませんが私は慎重なんです。決して学生という肩書きを失いたくないからではありません。

 

ということで大学に行ってない私は今かなりのクズ生活を送っています。バイト、家でゴロゴロ、本屋行く、カラオケ、映画、イオンモール。大体これで今私は形成されてます。

 

学生の皆さんはこうならないように色々と頑張って下さい。ではこの辺で終わります。

 

 

ブログ始めました

初めまして、限りなく底辺に近い男です。

 

今年も早いもので半年が過ぎようとしています。

私は今年の初めに2018年は色々なことにチャレンジしよう!と思っていました。

しかし始めたことと言えばバイトくらい・・・。

 

さらには大学にも行かなくなりました。(これに関してはまたいずれ話します。)

 

これはもうブログ始めるしかないっしょ!!!(何言ってんだコイツ)

 

 というわけで!実質フリーターの大学2年生(多分もう中退する)19歳真面目系クズの私が毎日将来への不安を抱えながらお送りするクソブログスタートです!